【後悔】テックアカデミーを無料体験すれば10万円も損しなかったかも

プログラミングのスキルを確実につけたくて、テックアカデミーに興味があるんだけど無料体験って受けるべきかな?

本記事では、プログラミング初心者・未経験者の方が抱えがちなこのような悩みについて、自分自身の体験談と客観的なデータをもとに解説していきます。

本記事を読むと分かること
  • テックアカデミーの無料体験の内容
  • テックアカデミーの無料体験を受けなかったことによる失敗談
  • テックアカデミーの無料体験を受けることで防げる失敗や損

僕自身は無料体験をせずにテックアカデミーの本番講座を受けて挫折し、お金を10万以上も無駄にしたと後悔している人間です。

Googleなどの検索結果には「無料体験を受講した体験談」はあふれているので、こんな感じで本記事では逆に「無料体験を受講しなかった体験談」を話していこうと思います。

忙しい人向けのこの記事の結論

  • テックアカデミーをはじめとしたスクールは形がない商品だから、試すまで商品がどんなものか分かりにくい
  • 試してみたり話を聞いてみないと、自分に適切なコースがわからない

このような理由から、無料体験をすることにリスクはなく、むしろ本番講座を受ける前に無料体験を使って試してみないことこそがリスクなのです。

そもそも無料でプログラミングの基礎部分をプロから教えてもらえるというメリットすらあります。

テックアカデミーの無料体験の内容

>>テックアカデミーの無料体験・カウンセリングを申し込む

僕自身の失敗談を話していく前に、テックアカデミーの無料体験はどんな内容なのかを簡単に紹介していきます。

テックアカデミーの無料体験の概要
  • オンライン教材で実際にプログラミングを学び、どのように学習を進めるのか体験できる
  • チャットやメンタリングで学習方法から受けるべきコース・キャリアのことまで相談できる
  • 期間は1週間だから無理なく学べる
  • 必要な物はMacかWindowsのPCとネット環境だけ

オンライン教材で実際にプログラミングの基礎を学べる

テックアカデミーの無料体験ではこの画像にあるようなカリキュラムでプログラミングの勉強を進めるようです。

プログラミング言語はHTML/CSS/JavaScriptの基礎を学び、天気予報がわかるwebアプリの作成がゴールとなっています。

無料体験を始めると、文章によるオンライン教材が見れるようになるので、それを読みながら勉強を進めていきます。

チャットやメンタリングで教材の分からない点や学習方法を相談できる

テックアカデミーをはじめとしたプログラミングスクールのメリットはやはり現役エンジニアに疑問点や不明点を質問できることです。

オンライン教材での不明点や解決できないエラーはもちろん、「そもそもプログラミングはどう勉強したらいいの?」といったことも聞くことが出来ます。

プロよる無料カウンセリングで受けるべきコースやキャリアも相談できる

メンタリングやチャットサポートでは、受講するコースやキャリア(転職など)についての的確なアドバイスがもらえます。

初心者や未経験者はプログラミングに詳しくないせいで、どのコースが自分に合っているか分からないのはよくある話です。

実際、テックアカデミーの中の人に話をうかがう機会があったのですが、下のように話していらっしゃいました。

「転職コースがあっているかな」と思っていた方がカウンセリングを受けて、「副業コースの方があっている」と気づかれる例もよくあります。

もし、こういう人が無料体験でカウンセリングを受けないで、そのまま転職コースを受けると、僕みたいに10万円以上損するかもしれません。

このように、カウンセリングをしてもらうことで、本番で受ける講座のミスマッチを事前に防げるというかなり大きい効果もあります。

無料体験を受けるとテックアカデミーの本番講座が1万円割引に!

無料体験を受けると、本番講座の受講料金が1万円割引になります。

正直、プログラミングスクールの料金は高いので、できるだけ安く受けたいですよね…?

単純に「お金を節約する」という意味でも無料体験を受講することをオススメします。

【実話】テックアカデミーの無料体験を受講せず10万円以上損した話

それでは、お待ちかね(?)の僕がテックアカデミーで10万円以上損をしてしまった話をしていこうと思います。

受講していたテックアカデミーのコースとその証拠

僕が受講していたのは「WordPress+Webマーケティングセット」という2つのコースを同時に受講するコースです。

大学の夏休みがちょうど2カ月あるのを利用して、2コースを8週間で終わらせる最短のコース申し込みました。(現在は8週間コースはなく、12週間コースが最短のコースのようです。)

以下のログイン後の画像が実際に受講していた証拠となります。

WordPressコースとWebマーケティングコースがコース一覧にあるのが確認できると思います。

UI/UXコースやwebディレクションコースは特典として教材が無料で読めるようになっただけで受講はしていません。

講座のミスマッチから途中で挫折…10万以上も損をする

wordpressコースは自分が学びたい事が学べたため、結果的には満足でしたが、webマーケティングコースについては、期待していた内容と異なっていたためやる気をなくし、挫折しました。

結局webマーケティングコースの多くを手を付けないまま終えてしまい、無駄にお金を払って終わってしまいました。

コース名 料金
WordPressコース(4週間) 社会人:174900円
学生:163900円
Webマーケティングコース(4週間) 社会人:174900円
学生:163900円
WordPress+Webマーケティングセット(8週間)
※2022年現在、8週間コースは存在せず
セットでとると2~3万円お得になった記憶
→社会人なら32万円、学生なら29万円程度?

つまり、webマーケティングコースを受講した分余計にかかったお金29-16.4=12.6万円ほど損をしてしまったことになります。(学生料金で計算しています)

【テックアカデミーに挫折しました】その理由と失敗しないための忠告

2021年12月23日
上記の料金比較表に関してお詫び

僕が数年前に受講したwordpress+webマーケティングの8週間コースは2022年現在存在せず、最短で12週間コースからとなっています。

そのため、数年前のコースの具体的な値段を覚えていないため、wordpress+webマーケティングコースの値段はおおざっぱな値となってしまいました。すみません。

「無料体験をしていれば10万以上も損をしなかった」という後悔

10万円以上損をしてしまってかなり落ち込み、「無料体験でカウンセリングなどを利用すればこの失敗は防げた可能性が高い」と強く後悔しました。

学びたいもの決まっているしコースは失敗しないだろう、無料体験なんかするより早めに受講しよう!

当時の僕はこのように思っていましたが、考えが浅かったようです。

コース選びに自信がない人はもちろんですし、逆に僕と同じようにコース選びに特に不安がないという人も敢えて受けてみることをオススメします。

コース選びを僕みたいな浅はかな考えで間違えてしまうと、10万円以上損するかもしれませんよ…?

テックアカデミーの無料体験を受けることで防げる失敗

前の章では、僕自身がテックアカデミーの無料体験を受けなかったことによって、「受ける講座の選択ミス」をしてしまったとお話ししました。

無料体験を受けることによって防げる失敗は他にも例えば以下の6つが考えられます。

  • 受講する講座のミスマッチを防げる
  • テックアカデミーの教材とのミスマッチを防げる
  • テックアカデミーの学習の進め方とのミスマッチを防げる
  • テックアカデミーの指導方法とのミスマッチを防げる
  • プログラミング自体へのミスマッチ
  • そもそもスクールは必要なく、独学でもなんとなる可能性

本章ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

受講する講座のミスマッチを防げる

これは前章で紹介した、僕自身の失敗談と同じですが、念押しでもう一度説明しておきます。

テックアカデミーの無料体験では、現役エンジニアにビデオ通話やチャットで「どの講座を受けるべきか」を相談することができます。

未経験者や初心者が受講するコースを一人で考えても、分からないことも多く選択を間違えてしまうことも多いのですが、プロに相談することで、講座の選択ミスを防げます。

講座は後から変更することはできないので、講座のミスは致命的なのです…

テックアカデミーの教材とのミスマッチを防げる

初心者や未経験者にとって、気になる点の1つに「テックアカデミーの教材が分かりやすいか?」というのがあると思います。

「教材は受講生やメンターの意見を反映して、常にアップデートしている」とテックアカデミーの中の方がおっしゃっていたので、基本的には分かりやすい内容になっているはずです。

しかし、人によっては「説明が分かりにくい」とか「自分には合わなさそう」というのがあるかもしれません。

本番講座を受講してから「教材が合わない」と気づくのでは遅いので、無料体験を利用して確認しておくと安心できます

テックアカデミーの学習の進め方とのミスマッチを防げる

テックアカデミーでの学習の進め方としては、だいたい以下のような手順です。

オンライン教材を読む→不明点があればチャット・メンタリングで質問→課題を解き、フィードバックを貰う

このように文章でなんとなく学習の進め方を理解し、これならできそうだと感じたとしても、もしかしたら自分にマッチしていない可能性もあります。

学習の進め方がどんなものか確認するという意味でも無料体験は有用なのです。

テックアカデミーの指導方法とのミスマッチを防げる

テックアカデミーでは「コーチング」という手法で受講生の不明点や疑問点を教えることが多いようです。

コーチングとは、質問をされても答えは直接教えず、受講生が自分の頭で考えて答えまでたどり着くのをサポートするという考え方です。

そのため、以下のように感じる受講生も多いようです。

受講生

テックアカデミーでは質問しても答えをすぐ教えてもらえないし、結構スパルタなんだよなぁ

確かにスパルタかもしれませんが、テックアカデミー卒業後は不明点や疑問をすぐに人に聞ける環境にはありません。

受講後も不明点や疑問を自力で解決する力をつけるという意味では「コーチング」という手法は適しているように思えます。

プログラミング自体へのミスマッチを防げる

そもそも、「プログラミングにまったく触れたことがない」という方もいらっしゃると思います。

運動神経の良しあしが人によるのと同じように、プログラミングも人によって向き不向きがあります。

もしあなたがプログラミングに向いていないなら、他のことに取り組んだ方が時間も無駄になりませんし、有意義です。

【プログラミングへの適性】向き・不向きやその見極め方を徹底解説

2021年12月23日

無料体験では実際にプログラムを自分の手で書くので、自分がプログラミングに向いているか確認できるはずです。

「コード書くの本当に辛いし面白くないなぁ」と思わない限り、最低限適性はあると思います。

スクールを利用する必要がない可能性もある

本番講座を受講後に「これくらいならスクールのサポート無しで独学でもいけたなぁ」と思ってしまったら、そもそも受講したこと自体が失敗になってしまいます。

独学でやっていけそうなら独学の方がお金はかからないので絶対お得です。

「独学でもいいのじゃないのか?スクールに通う価値があるのか?」をチェックするためにも、無料体験は利用してみる意味があります。

無料体験を受けた方が満足度が高いというデータがある

今までのお話は、僕自身の失敗談に基づいた話でしたが、実際に以下のようなデータも存在します。

グラフの縦軸は受講したスクールの満足度の5段階評価、横軸は無料体験や説明会への参加回数(どれだけ多くのスクールの無料体験や説明会を受けたか?)を表します。

無料体験を受けない場合(0回)と、無料体験を受ける場合(1回以上)では明らかに、受ける方がスクールへの満足度が大きいことが分かります。

この結果は、スクールやプログラミング自体へのミスマッチが無料体験などで事前にわかり、失敗を防げることを表していると考えることもできるでしょう。

テックアカデミーの無料体験の申し込み方法

最後にテックアカデミーの無料体験の申し込み方法を説明していきます。

難しい手順はなく、3分もあればできるのでご安心ください!

まずは「https://techacademy.jp/lp-htmlcss-trial-schedule」から、テックアカデミーの「無料メンター相談」のサイトへ移動してください。上のような画面になると思います。

相談や無料体験への流れについて書かれているので、説明を順に読んでいくと、「相談の日程申請」という欄が出てきます。

メンターに相談するのに都合が良い日時があればクリックをしてください。

すると、フォームが出現するので、必要事項を記入し、「申請する」ボタンをクリックします。

申請し終えるとメールが届きますので、メールに従って無料体験・メンタリングの準備をしていきます。

まとめ:損したくなければテックアカデミーの無料体験は受けるべし

僕は無料体験を受けずに、テックアカデミーの本番講座を受けた人間ですが、そのせいで大失敗をしました。

具体的には、受けた講座が自分の学びたい内容とあまりマッチしておらず、途中で挫折してしまい、10万円以上を無駄にしました

無料体験を受けることで防げる失敗
  • 受講する講座のミスマッチを防げる
  • テックアカデミーの教材とのミスマッチを防げる
  • テックアカデミーの学習の進め方とのミスマッチを防げる
  • テックアカデミーの指導方法とのミスマッチを防げる
  • プログラミング自体へのミスマッチ
  • そもそもスクールは必要なく、独学でもなんとなる可能性

もし、教材や講座・学習方法や指導方法などへのミスマッチに気づかず本番を受けてしまうと僕みたいに10万円以上損する可能性も全然あります。

だからこそ、無料体験は受けない方がリスクが高いです。それに、無料なので失うものはありません、まずは行動をしてみましょう!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。