pythonの独学方法|初心者におすすめの勉強法・教材を徹底解説

プログラミング初心者

プログラミング未経験だけど、Pythonを独学したいな。何から始めればいいのかな…
そもそも、初心者でもPythonは独学できるのかな?挫折してしまわないかな?

本記事ではこのようなプログラミング言語Pythonの独学についての疑問や悩みについて解説していきます。

本記事を読むと分かること
  • Pythonを独学するためのステップ・順番
  • Pythonを勉強できるオススメの教材
  • Pythonを使ってできること
  • Pythonを挫折せずに習得するためのコツ

僕は初めて触れたプログラミング言語はPythonで、当時は難しいと感じたものの何とか挫折せずに基礎レベルは習得することが出来たのを思い出します。

最後まで読んでいただくと、Pythonを独学するために何が必要なのか、どうすればいいのか分かっていただけるはずです!

初心者がPythonを独学するのにオススメの教材
  • PyQ…Pythonに特化したプログラミング学習サイト。基礎から応用まで広く学べます
  • Udemy…コース数が豊富。様々な分野や技術について詳しく学べます。
  • progate…プログラミング学習のはじめの一歩はまずはprogateから
  • 侍エンジニアPlus…月額約3000円のプログラミングスクール。エンジニアに質問し放題!

Pythonの独学は可能か

まず、Pythonをプログラミング初心者や未経験者が本当に独学することができるのかという点について解説していきます。

他のプログラミング言語よりかなり独学しやすい

プログラミング言語はたくさんありますが、その中でもPythonは特に初心者や未経験者にとって学びやすいプログラミング言語だと言われています。

Pythonが初心者でも学びやすい理由
  • コードが短くシンプルに書ける
  • 文法も覚えることが比較的少ない
  • インタプリタ言語であるためエラー箇所がわかりやすい

それぞれについて詳しくみていきましょう。

コードが短くシンプルにかける

例えばC++というプログラミング言語とPythonを使って「Hello, World」と画面に表示させるために必要なコードを見てみましょう。

まずはC++の場合です。

/* C++でHello, Worldと出力するコード*/
#incude <studio.h>
#include <iostream>

int main(){
   std::cout << "Hello, World/n" ;
} 

一方、Pythonだとどうでしょうか?

/* PythonでHello, Worldと出力するコード */
print("Hello, World")

コードの意味はあまり分からないかもしれませんが、Pythonの方が短く簡潔にかけることは一目瞭然でしょう。

このように簡潔に短くコードを書けると、初心者や未経験者にとってかなりとっつきやすいでしょう。

文法も覚えることが比較的少ない

「コードが短くシンプルに書ける」ことと少々かぶってしまいますが、Pythonはそもそも覚えないといけない文法自体が比較的少ないです。

Pythonの設計思想を記した「Zen of Python」にも以下のように書かれています。

Simple is better than complex.
(複雑よりかはシンプルの方が良い)

There should be one– and preferabley only one  –obvious way to do it.
(何かをするには、誰がみてもあきらかな1つの方法ーそして、それはたった1つである方が好ましいーがあるはずだ。)

Zen of Pythonより抜粋

このようにPythonは「シンプル」であることを重要視しており、文法やコードもミニマルで済むよう作られているのです。

エラー箇所がわかりやすい

これはPythonがインタープリタ方式の言語であることに起因します。

プログラミング言語は、コードを実行する際にPCが理解できる機械語というものに変換されますが、この変換方式には「インタープリタ方式」と「コンパイラ方式」の2つがあります。

インタープリタ方式の言語は、コードを1行ずつ機械語に変換して実行していくため、エラーが起きた際どこでエラーが起きたのか分かりやすいのです。

初心者にとってエラーやバグは挫折してしまう大きな要因の1つなので、エラー箇所がわかりやすいことは挫折率の低下にかなり貢献しているはずです。

独学できるかどうかは分野や範囲、学ぶ人にもよる

とはいえ、Pythonを独学できるかは学ぶ分野や範囲(どこまで独学するか)、そして学ぶ人間にもよるでしょう。

もし、理系の大学生などがAIや機械学習を独学するなら、そこまでハードルが高くありませんが、文系の方が独学するとなると厳しいものがあります。(AIや機械学習には数学が必要なので)

一方で、Pythonを使ってwebアプリを作るのなら理系・文系は関係なく可能なはずです。

Pythonを独学するための6ステップ

Pythonを実際に独学するときに踏むべき6ステップをまとめました。

1
Pythonを使って何ができるか把握する

Pythonは汎用性の高いプログラミング言語でAI・機械学習からwebアプリの開発までできることが様々です。
Pythonを勉強する目標や目的を決めるためにもPythonを使ってできることを把握しておきましょう。

2
Pythonを勉強する目標・目的を決める

Pythonを勉強する目標や目的を決めると、モチベーションの維持に繋がったり、どの分野や技術を学ぶべきかが自然と決まります。

3
どの分野・技術を学ぶのかを決める

Pythonを勉強する目標や目的から逆算してどの分野や技術を学ぶべきか決めていきます。
どの分野や技術を学ぶかによって使うべき教材やどのような知識が必要かが変わります。

4
Pythonの勉強方法や教材の特徴を知る

Pythonを具体的に勉強する方法を知っておきましょう。間違った勉強法だと習得までの効率が悪くなります。
また、Pythonを勉強するための教材はたくさん存在するので、どのようなものがあるのかそれぞれの特徴をしっておきましょう。

5
Pythonの文法を勉強する

まずは、どの分野・技術を勉強するにしてもPythonの文法を学ぶことは必須です。

6
Pythonの応用を勉強する

Pythonの文法を学び終えたら、いよいよ応用にとりかかります。
Pythonを使って実際に何かプロダクトを作るための方法などを学んでいきます。

Pythonを独学するためのステップをざっくり解説しましたが、以下ではこのステップの順番に各事項を詳しく解説していきます。

独学する前にPythonでできることを知る

Pythonの独学を始める前に、まずはPythonを使って何ができるのかを頭に入れておく必要があります。

以下にPythonを用いて実現可能な代表的なものをまとめました。

Pythonを使ってできること
  • 機械学習や人工知能(AI)の開発
  • データ処理・分析・解析(データサイエンス)
  • webアプリ・webサービスの作成
  • ゲームを作る
  • ブロックチェーン
  • webスクレイピング
  • 面倒な作業の自動化

Pythonは非常に汎用性の高いプログラミング言語で、このように色々なことが可能です。

中でも、初心者や未経験者にとっても、学びやすいのはwebアプリやwebサービスの開発やwebスクレイピング・面倒な作業の自動化などでしょうか。

機械学習や人工知能、ブロックチェーン、データサイエンスの領域はそこそこ数学の知識を要するため理系の大学生出身者などでないと挫折率が高いです。

独学する前にPythonを学ぶ目標・分野などを決める

Pythonを使って何ができるのかを把握した次は、Pythonを学ぶ目的や目標、そしてどの分野や技術を学ぶのかを決めていきます。

Pythonを学ぶ目的・目標を決める

Pythonを勉強する目的や目標を決めていきましょう。

基本的には全章で見た「Pythonを使ってできること」を参考に自分の興味のあるものを考えればOKです。例えば以下のような感じです。

Pythonを勉強する目標の具体例

  • 仮想通貨の値動きを予測する人工知能(AI)を作る
  • インスタグラムのようなwebアプリケーションを作ってみる
  • Pythonを使ってエクセルにデータを打ち込む作業を自動化する

なお、プログラミング学習の目標の定め方については以下に詳しくまとめましたので、あわせてご覧ください。

【挫折しない】プログラミングにおける学習目標の決め方とそのコツ

2021年12月23日

どの分野や技術を学ぶのか決める

Pythonを勉強する目標が定まっていれば、どの分野や技術を学べばいいかはすぐに分かるはずです。

AIを作りたいなら機械学習や人工知能を学べばいいですし、webアプリを作りたいならwebアプリの作り方を学べばいいのです。(当然ですね笑)

目標が決まらない場合

とはいっても、簡単に目標が定まる人ばかりではないと思います。

このような、目標が定まらない場合の対処法は以下の2つのどちらかにすればよいでしょう。

目標が定まらない場合の対処法
  • とりあえずwebアプリ・webサービスの制作を目標とする
  • 色々な分野を軽く触れてから興味のあるものを絞る

それぞれについて簡単に説明していきます。

とりあえずwebアプリ・webサービスの制作を目標とする

このように提案している理由は、作るもののイメージがつきやすいからです。

また、難易度自体も簡単すぎず、難しすぎずちょうど良い難易度であることなどもあげられます。

色々な分野を軽く触れてから興味のあるものを絞っていく

「実際に自分で色々な分野に触れてから決めたい」という方にはPyQというPython学習サイトをオススメします。

PyQでは基礎的な文法から、機械学習・AIやデータサイエンスやスクレイピングなど応用的な部分も幅広く学べるからです。

Pythonの勉強方法や教材の特徴

本章ではPythonの勉強方法や教材について解説していきます。

pythonの勉強方法

Pythonの勉強方法
  • インプット…教材などを読んだりみたりして、プログラミングの方法を覚える
  • アウトプット…インプットで覚えた内容を実際に自分の手を動かして体で覚える

「アウトプット」がかなり重要です、必ずやってください!!

Pythonに限らず、プログラミング言語を勉強する際の話ですが、必ず覚えたことは自分の手を動かしてコードを書くことを心がけてください。

また、「プログラミングの教材で学んだことをノートにまとめる」のようなことはあまり意味がないので避けた方が良いです。

プログラミングで忘れてしまった事項があればその都度、調べればよくて丸暗記する必要はないのです。

pythonを勉強できる教材

Pythonを勉強するための教材は主に以下の3種類があります。

  • プログラミング学習サイトで勉強する
  • 本や書籍で勉強する
  • プログラミングスクールを利用する

どの教材が学習しやすいかは人にもよるので、色々試して自分に合ったものを探すのが良いでしょう。

プログラミング学習サイトでPythonを学ぶ

Pythonを独学する際に最もオススメな方法はプログラミング学習サイトを使って勉強する方法です。

プログラミング学習サイトといっても、主に以下の3タイプがあります。

  • テキスト型(文章を読んで勉強していくタイプ)
  • 動画型(動画を読んで勉強していくタイプ)
  • ゲーム型(ゲームをプレイしながら勉強していくタイプ)

テキスト型・動画型の教材で代表的かつおすすめなものを紹介します。

>>PyQ公式サイトへ
PyQがオススメな理由
  • 演習問題を解きながらコースを進めていくため、コードを自分で書く練習になる
  • 基本的な文法からAIやwebアプリ開発など応用まで学べ、PyQだけで割と事足りてしまう
  • スタンダードプランでは不明点・疑問点を現役エンジニアに質問することができ挫折しにくい

PyQにはライトプランとスタンダードプランがあります。自信がない初心者や未経験者の方はスタンダードプランにしておくと分からない点を質問できるので安心です。

Udemyがオススメな理由
  • 動画なので実際の開発の流れなどを理解しやすい
  • 動画の疑問・不明点は動画投稿者に簡単に質問でき、回答ももらえやすい
  • 購入した講座が不向きだと感じたら1か月以内なら返品可能

Udemy」は個人・法人がプログラミング動画・教材を販売するプラットフォームとなっておりコース数が豊富です。

普通のプログラミング学習サイトなどでは扱っていないような内容の教材も多くあるので、迷ったらUdemyを使えばだいたい教材が見つかります。

参考書でPythonを学ぶ

開発の流れが追いにくかったり、基本的に疑問点や不明点があっても質問することができないので、初心者や未経験者には参考書での学習はあまりオススメしません。

プログラミング学習サイトをメインで使いながらその副教材として使ったりするのがオススメです。

といっても、参考書で勉強したい方も少なくないと思うので、参考書を選ぶ際のポイントをまとめておきました。

初心者や未経験者がプログラミングの参考書を選ぶ際のポイント

  • 自分が学びたい内容が学べる参考書を選ぶ
  • 自分が理解できるレベルの参考書を選ぶ
  • 図解などが多いものを選ぶ
  • 出版日が新しいものを選ぶ

参考書を選ぶ際は書店などへ足を運び、実際に中身を見て自分に合いそうか確認してから買うと失敗が少なくなります。

プログラミングスクールでPythonを学ぶ


>>TechAcademy公式サイトへ
TechAcademyがオススメな理由
  • 選考を通過した質の高いエンジニアが専属メンターとしてつき、週2回レッスンを受けられる
  • 疑問点をチャットで15時〜23時の間ならいつでも質問可能
  • かなり実践的なサービスやプロダクトを作成できる

いくらPythonが初心者や未経験者にとって習得しやすい言語だといっても、独学するのが難しいことは変わりがありません。

独学が厳しいと感じたら、プログラミングスクールを使うことを学習手段の1つとして検討すべきでしょう。

中でも「TechAcademy」が特にオススメで挫折する方が難しいと思います。

Pythonの文法を独学する

Pythonのどの分野を学ぶにしても、最初はPythonの文法を学ぶところからスタートする必要があります。

本章ではPythonの文法を独学するための教材を詳しく紹介していきます。

progateでPythonの文法を学ぶ

まず初めにオススメするのはプログラミング学習サイト「Progate」です。

Progateではスライド(テキストと図)による解説を読んだ後、ブラウザ上でそのままコードを書いて演習問題を解く形式です。

インプットだけでなく、しっかりアウトプットまででき、かつ初心者や未経験者にもかなり分かりやすく解説されているのがポイントです。

侍エンジニアPlusでPythonの文法を学ぶ

次にオススメの教材は「侍エンジニアPlus」というサブスク型のプログラミングスクールです。

「プログラミングスクール」とは言うものの、完全に独学する人向けに作られているスクールです。

侍エンジニアPlusの特徴
  • Q&A掲示板で技術的な悩みからキャリアや転職の悩みまで質問・相談可能
  • Q&A掲示板では質問してから平均30分で現役エンジニアから回答がもらえる
  • 月に1回まで無料で現役エンジニアとのオンラインレッスンで不明点を質問可能
  • Python以外にも様々なプログラミングを学べるコースを受け放題

侍エンジニアPlusは疑問点や不明点をオンラインレッスンもしくはQ&A掲示板で解決できるため、Progateより挫折しにくい仕組みになっています。

ですが、Pythonのコースはまだ少ないようなので、他のプログラミング言語も一緒に学びたいという方に特におすすめです。

↓↓月額2980円!!他のプログラミングスクールの約1.5%の値段!?↓↓

PyQでPythonの文法を学ぶ


PyQは先ほども紹介しました通り、基礎的な文法から応用まで一貫して学べるPythonに特化したプログラミング学習サイトです。

ただし、僕自身もPyQで勉強していた時期がありますが、文法基礎と言えど他のPythonの学習サイトや教材より踏み込んだ内容も多いように感じました。

UdemyでPythonの文法を学ぶ

UdemyにはもちろんPythonの文法の基礎を学べるコースがあります。

Progateや侍エンジニアPlus、PyQはテキスト(文章)を読んで学習するタイプの教材でしたが、動画の方が性に合っているという方はUdemy一択でしょう。

ここで紹介している講座以外にもPythonの文法を学べるものはありますが、評価が高いものを選んでおくと無難です。

Udemyでコースを購入するときはセール時を狙う

Udemyでコースを購入するときは、普段は1万円以上する講座ばかりですが、セール時は1000円台で激安で売られています。

バカ正直に通常時に買うと損するので、セール時を狙ってください。セールは月に数回あるようなイメージです。

参考書でPythonの文法を学ぶ

特に参考書をメインの教材として独学を進めるなら、初めはやさしい参考書を買うことをオススメします。

Python入門用の参考書ですと特に以下の2冊がかなり分かりやすくオススメです。

しかし、入門用の参考書だけでは浅い部分までしか解説されておらず、困る場面も出てくるでしょう。

そこで、入門用の参考書とは別に辞書的に使える少し詳しめの参考書を別に購入することを推奨します。

Pythonの応用を独学する

Pythonを用いてできることとして以下の7つを先ほど紹介しました。

Pythonを使ってできること
  • 機械学習や人工知能(AI)の開発
  • データ処理・分析・解析(データサイエンス)
  • webアプリ・webサービスの作成
  • ゲームを作る
  • ブロックチェーン
  • webスクレイピング
  • 面倒な作業の自動化

本章では、それぞれどのような教材を用いて勉強し始めるべきかを解説していきます。

ただし、ここで紹介する教材を学び終えたからその分野・技術をマスターできるわけでなく、あくまでも「入門」の教材として紹介していることを忘れないでください。

その先ももっと深く学び続けていくものなのです。

機械学習や人工知能(AI)を学ぶ

まず、Pythonを勉強しようとされている方なら機械学習や人工知能を勉強したいと思っている方は割と多いのではないでしょうか?

数学的な知識も必要とされ、難しい分野ですが、理解しやすい教材を厳選して紹介していきます。

PyQで機械学習を学ぶ

PyQでも機械学習を勉強することができます。文法などをPyQで学習していた方はそのままPyQを使ってステップアップするのが良いでしょう。

ただし、人工知能についてまでは深く学ぶことができません。

Udemyで機械学習や人工知能を学ぶ

Udemyの講座で機械学習や人工知能を学ぶプログラミング初心者にかなりオススメな講座はこちらです。

僕自身、この講座を受けましたが(理系の自分は簡単で物足りなかったのですが、だからこそ逆に)数学の知識がほとんどない初心者にとってかなり分かりやすくやさしい講座です。

プログラミングスクールで機械学習や人工知能を学ぶ

>>TechAcademy AIコースを見てみる

やはり、機械学習や人工知能を学ぶ場合、プログラミング以外にも数学的な知識が必要だったりするため、独学でやっていくにはかなり難しいです。

また、上で紹介したUdemyやPyQでも学べるにせよ、1人で学べる範囲には限界があります。

そこでオススメするのがプログラミングスクール「TechAcademy AIコース」の利用です。

専属のメンターがついたり、チャットで質問もできるため、コースを終えたあかつきには自分オリジナルのAIを作成することが出来ます。

データ分析を学ぶ

Pythonが使われる分野として機械学習や人工知能に並んでデータサイエンスもメジャーな分野です。

しかし、データサイエンスでも数学の知識が必要なため、(特に文系の方ですと)一筋縄では習得しにくい分野でもあります。

PyQでデータ分析を学ぶ

データ分析もPyQで学ぶことができます。

PyQではデータ分析と統計分析の2つのコースがあり、前者はどちらかというと単なるデータの処理で、後者は統計学に基づいたデータ分析を勉強します。

Udemyでデータ分析を学ぶ

ここで紹介している講座はデータサイエンスを勉強したいけれど何から始めていいかわからない方に向けて作られた講座です。

ビジネスの現場などで実際に存在しうる課題をデータ分析によって予測していくので、やることのイメージがつかみやすいです。

プログラミングスクールでデータ分析を学ぶ

>>TechAcademy データサイエンスコースをみてみる

データサイエンスも数学的な知識が必要とされ、初心者や未経験者には独学が難しい分野です

独学に限界を感じたら、「TechAcademyデータサイエンスコース」の利用を検討してはいかがでしょうか?

エラーや不明点に1人で悩まずに済むだけでなく、メンタリングがあるためモチベーションの維持に大きく繋がります。

webアプリ・サービスを学ぶ

webアプリケーションやwebサービスの作成といえばRubyやphpが有名ですが、Pythonでも作ることができます。

そんなPythonでwebアプリやwebサービス作成の勉強に適した教材は以下の3つです。

PyQでwebアプリ作成を学ぶ

pythonで有名なwebフレームワークは「flask(フラスク)」と「Django(ジャンゴ)」ですが、PyQでは両方学ぶことができます。

flaskとDjangoは違った特徴を持つフレームワークですので、どちらも触れてみたい方はPyQをオススメします。ただし、どちらかと言うとDjangoの方がメインです。

Udemyでwebアプリ作成を学ぶ

Udemyの講座はDjangoを学べる講座を紹介しますが、この講座ではDjangoを使って3つのwebアプリを作成していきます。

また、この講座の作者は「Djangoのコツとツボがわかる本」の著者で、この書籍とも内容がリンクしているため同時に学ぶとより理解が深まるでしょう。

ゲーム

ゲームの作成で主に使われるプログラミング言語はC#やUnityですが、Pythonでも作ることができます。

Udemyでゲーム作成を学ぶ

Pythonを用いて作られているゲームは決して多いとは言えないため、教材もさほど多くありませんが、Udemyなら余裕で見つかります!(さすが)

pythonでゲームを作る際に必要なライブラリであるpygameを用いてインベーダーゲームを作成していく講座です。

ブロックチェーン

ブロックチェーンは仮想通貨やNFTに使われている技術で、名前はなんとなく知っている方の方が多いのではないでしょうか?

Udemyでブロックチェーンを学ぶ

Pythonを用いたブロックチェーン開発の教材も、ネット・書籍も含めて多くないのですが、そういうときでもUdemyには存在します。

Pythonを用いて仮想通貨の送金システムを作っていくことで、その裏にあるブロックチェーンの仕組みを学んでいく講座となっています。

スクレイピング

スクレイピングはそこまで難しい知識を要求されない場合が多く、また理系・文系関係なく習得しやすいような分野・技術です。

PyQでスクレイピングを学ぶ

PyQでは単純なwebスクレイピングに加えて、APIを利用したスクレイピングの方法を学べます。

勉強時間もそこまで必要なく、要点がコンパクトにまとまっているのでサクッと勉強することができます。

Udemyでスクレイピングを学ぶ

ここで紹介しているUdemyの講座ではスクレイピングに加えてクロールまで学ぶことができます。

PyQだけでは物足りなさそう、もうすこし深く学習したい方はUdemyで勉強することをお勧めします。

面倒な作業の自動化

PC上の面倒な作業の自動化自体は、Pythonを用いずとも他のプログラミング言語でも全然可能なのですが、習得しやすさやライブラリの多さからPythonが選ばれがちです。

また、自動化自体そこまで難易度が高くないものが多いので初心者にとってもやりやすい分野だと思います。

参考書を使ってPythonでの自動化を勉強する

Pythonでの自動化を勉強するなら、この「退屈なことはPythonにやらせよう」がベストでしょう。

エクセルなどの表計算の自動化やwebスクレイピングまでPythonで自動化できる事項が多く収録されており、自動化のための辞典のような感じの本です。

これを参考に自分自身の身の回りの作業でも自動化できるものがないか探し、勉強してみると良いでしょう。

Pythonを挫折せずに独学するために

基本的にPythonに限らずプログラミングの勉強に初心者が挫折すり理由は大きく分けて以下の2つになります。

  • モチベーションが保てず途中でやめてしまう
  • 疑問点や不明点を解決できず勉強をあきらめてしまう

Pythonの勉強法が分かったとしても、途中で挫折してしまったら全く意味がありません。

Pythonの勉強をできるだけ挫折しないためのコツを紹介していきます。

Pythonを学ぶ目的や目標をしっかり決める

なんかプログラミングの勉強はやってるし、その中でもPythonっていう言語よく聞くからなんとなく勉強したいな…

このようになんとなく、Pythonを勉強しようと思っている方はだいたいモチベーションが保てず勉強が続きません。

記事のはじめの方でPythonを勉強する目的・目標をしっかり定めるべきだと主張していますが、必ずやってください。念押しです。

Pythonを学ぶ仲間やライバルを作る

一緒にPythonを勉強する仲間やライバルがいることはモチベーションのアップにつながります。

実際に、学校などでテストの成績を友人と競い合えたからこそ勉強をある程度頑張れた人もいるのではないでしょうか?同じ理論です。

しかし、プログラミングを学ぶ仲間はそう簡単には見つからないと思います。そんな方は「conpass」を利用を検討してみてはいかがでしょうか?

Pythonの疑問や不明点を質問できる環境を作る

初心者がプログラミングを独学していて最もつらいことは、右も左も分からないのに誰も教えてくれる人がいないことです。

これは大きな挫折要因の1つなのですが、それを防ぐためにもメンターやプログラミング質問サイトを利用してみることをお勧めします。

初心者向けプログラミング質問サービス12個!使い方・選び方・注意点

2021年12月23日

例えば、ここで紹介する「MENTA」では月額数千円でプログラミングのメンターになってくれる現役エンジニアなどを探すことができます。

プログラミングスクールだと数十万円以上して高いから無理だと感じている人も、このようなサービスなら手が届くことが多いはずです。

Pythonを独学する方法まとめ

Pythonは他のプログラミング言語と比べて、文法がシンプルで覚えることも少なく作られているため、初心者にとっても独学しやすいプログラミング言語でした。

そんなpythonの独学方法を詳しく解説してきましたが、最後にpythonを独学するためのステップをもう一度まとめておきます。

pythonを独学するためのステップ
  1. Pythonを使って何が出来るか把握する
  2. Pythonを勉強する目標・目的を決める
  3. どの分野・技術を学ぶのかを決める
  4. Pythonの勉強方法や教材の特徴を知る
  5. Pythonの文法を勉強する
  6. Pythonの応用を勉強する

なお、pythonの教材は割とたくさんありますが、独学するなら「Udemy」もしくは「PyQ」がオススメです。

また、機械学習やデータサイエンスなどは特に難しい分野なので、独学に限界を感じたらプログラミングスクールの利用も検討してみるべきでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です